ぷららモバイルLTEの格安SIMを使ってみました。体験レビュー

ぷららモバイルLTEとは

ぷららモバイルLTEというのは、
株式会社NTTぷららが提供する
MVNO(回線を借りて運営する通信業者)サービスの名称です。
NTTドコモとは、グループ会社の関係になります。

ぷららモバイルLTE定額無制限

用意されているプランは多くはありませんが、
他社にはない、「通信制限なしの無制限プラン」を
一押ししている会社になります。

ぷららモバイルLTEは手頃な料金設定

では、そのぷららモバイルLTE
一番の武器「定額無制限プラン」の
利用料金を見ていきましょう。

15/10/3現在、
データ通信のみでは、税込2,980円、
音声通話付きなら税込3,736円とまずまずお得な様子です。

通常の大手キャリアでのスマートフォンで、
7GBの制限がある場合は大体8,000円を払うことを考えると、

差額はなんと4,000円以上。検討の価値はありそうですね。
月でこれだけの差ですので、年に直すと5万円近くになります。

ぷららモバイルLTEの最大の魅力「無制限」その性能はいかに…

さて、肝心の通信速度はどうでしょうか?
実は「定額無制限プラン」魅力的な無制限とは裏腹に
最大通信速度が「3Mbps」おまけつき。

つまり、「無制限だけど少し遅いよ」というのだ。

しかし、簡単なWEBページの閲覧や動画が辛うじて見ることが
できる最低限の通信速度が1Mbpsと言われている。
とすれば、3Mbpsもあれば十分と思うだろう。

しかし、ここは格安SIM。3Mbpsはベストエフォート方式(条件がいい場合)に
おいてなので、机の上での数字ある。

私が実際利用していた時の実際のスピードの平均は0.3~0.5Mbpsぐらいである。
早くなるのは、夜中ぐらいだった。

これが「定額無制限プラン」の実際である。

ここでぷららモバイルLTEの採点結果

じゃあ、ぷららモバイルLTE「定額無制限プラン」がダメだったのであろうか?
それは違います。
通信速度のムラは他社格安SIMでも十分あります。

それに、ほとんどの時間帯があの制限中の遅さであるよりはマシなのである。
そう考えれば、
ぷららモバイルLTEは十分な程に格安SIMのサービスとして
魅力的な特色を備えているだろう。

ぷららモバイルLTEについてのもっと詳しい説明はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ