日本でのsimカードの購入方法・購入場所は?おすすめは格安SIM?

日本でのsimカードの購入方法・購入場所は?おすすめは格安SIM?

近年のsimカードはsimフリー端末の普及に伴って
端末と個別で売られる例が多く、
契約企業に応じて様々な購入方法が用意されています。

SIMカード

格安SIMも、端末セットのものだけでなく、
SIMカード単体でも購入することができます。

日本におけるsimカードの主な契約・購入方法

日本国内におけるsimカードの主な契約・購入方法としては
★インターネット申し込みを用いる方法と
★店頭での直接購入・契約・手続きに分けられ、
対応しているサービスに関しては前者(インターネット)の手続きが簡単であるため、
おすすめの選択となります。

日本でsimカードを買うのにおすすめのインターネットの手続き

おすすめのインターネットの手続きの場合、
★アマゾンやヤフー、楽天などショッピングサイトで購入
★SIMを発行している通信業者のサイトから購入
する方法があります。

ショッピングサイトで買う場合は、SIMカードが届いてから、
利用する通信サービス業者のサイトへアクセスして
開通手続きをします。
手続き完了のお知らせをメールなどで受け取ったら、
スマホなどの端末にいれて、端末APN設定(接続先情報の設定)をして、
通信ができるようになります。

SIM発行の通信業者のサイトの場合は、
住所氏名と、クレジットカード番号などを入力することで、
開通手続きとなります。SIMカードが届いたら、SIMカードを台紙からはずし、
スマホなどの端末に入れてAPN設定をすれば通信が可能となります。

日本でsimカードを店頭にて購入・契約・手続きをする

SIMカードは、店頭ならどこでも買えるというわけではなく、
大手キャリアのドコモ・ソフトバンク・AUなどのショップでは、
端末とセットでないと売ってくれないこともありますし、
SIM単体で買うことができるショップもあるようです。

独自店舗や大型家電量販店・一部のコンビニエンスストアなど
でもsimカードを販売しており、
日本各地で購入できるものの、目的とするキャリアの専門店が近くに
存在しないと手続きが面倒な欠点を持ちます。

そのため、大手ショッピングサイトや家電量販店のオンラインショップを
うまく活用して契約するのが最も手軽な購入方法あり、
好きなときに短時間でインターネット経由の契約手続きを済ませられるので、
日本ではこちらが主流となりつつあります。

注意点として、ショッピングサイト次第では端末とのセット購入に
限定される例が想定されるほか、
データ通信用のsimカードしか扱わないところも存在していることから、
予めインターネットやチラシなどで下調べを行っておき、
求めるsimカードに適した店舗を利用することが大切です。

また、一般的に空港などで購入できる種類は
プリペイド式のsimカードとなっており、
日本国外でsimカードを入れ替えて端末を利用したい場合に
便利なサービスとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ