格安SIM関連用語「SIM」、「キャリア」や「MVNO」とは何?

格安SIM関連用語「SIM」、「キャリア」や「MVNO」とは何?

最近よく耳にする、スマホ絡みの用語、
「格安SIM」や「SIM」、「キャリア」や「MVNO」とは何
なのか詳しく見ていきましょう。

SIMとは何?

SIMとは、SIMカードのことを指し、
当サイト別ページにて解説しております。
SIMカードの大きさと種類,SIMアダプターとSIMカッターとは?

SIMカード

簡単に言いますと、SIMカードとは、
スマホやタブレットなどの端末にて、
電話やメール、インターネットをできるようにするための、
接続情報の書き込まれているカードのことです。

SIMカードには、通信事業者への接続情報、電話番号などが
書き込まれています。

サイズは、今のところ3種類あり、
大きさ的には、1~3センチくらいの大きさのチップになります。

キャリア(通信キャリア・大手キャリア・3大キャリア)とは何?

キャリアとは何かというと、たくさんの意味があります。
一般的な用語としては、職歴・経歴であったり、
国家公務員1種試験に合格して、中央省庁に入った人たちをさしたりしますが、

携帯・スマホの世界では、
「運ぶ・運搬するを意味するキャリー」を行う人や物という意味のキャリアで、
音声通話、データなどを運搬する業者としての意味を持ちます。
つまり、回線業者や通信事業者、電話会社のことをさします。

明確に区別するために、通信キャリアとよばれたりします。
その中でも、日本で大手の電話会社である、
「NTTドコモ、AU(KDDI)、ソフトバンク」の3社のことを、
「大手キャリア」とか、「3大キャリア」と呼んでいます。

MVNOとは何なのか?

格安SIMのサービスを提供している事業者の多くは、
MVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる業者が提供しています。

先ほど解説したキャリアは、通信回線や通信制御装置などを独自で持っており、
サービスを提供しているのに対して、

MVNOは、「仮想」と付くように、事業者自身では通信回線や
通信制御装置などを持たずに、キャリアなどから借り受けて通信サービスを
提供しています。

この通信回線や通信制御装置などを新たに設置すると莫大な費用が必要となりますが、
キャリアからお金を支払って借り受けることで、安くサービスを提供できるのです。

では、キャリアが損をするのでは?と思いますが、キャリアとしても、
通信設備を整えるのに莫大な費用がかかっており、自社のサービス提供だけでは
なかなかその費やしてきた費用を回収するのが困難な状況であり、
自社で使っていない部分の通信領域をお金をもらって貸し出すことを始めました。

現在、格安SIMの回線としては、ドコモ系が主流で、NTTドコモが
積極的に貸し出しを行っています。
AUの回線も少しずつ増えつつあります。
ソフトバンクは、格安SIMは(ほとんど?)ありません。

関連:
以上のことを念頭において、こちらの記事を読まれると理解が深まります。
格安SIMとは何?SIMフリースマホやSIMロックとは?

SIMカードの大きさと種類,SIMアダプターとSIMカッターとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ