IIJmio格安SIMはiPhoneで使える?一部端末アンテナピクト表示問題有

IIJmio格安SIMはiPhoneで使える?一部端末アンテナピクト表示問題有

IIJmio格安SIMはiPhoneで使えるのかどうか?
また、iPhoneの一部端末にてアンテナピクト表示問題
発生する可能性ありとのことですが、
どういった現象なのか?また、対処法があるのかどうか見ていきましょう。

iPhoneのアンテナピクト表示問題とは?

iPhoneの一部端末にてアンテナピクト表示問題
発生することがわかっています。

アンテナピクト表示問題とは、携帯電話やスマホの電波を表すマークのことです。
これが、格安SIMと、一部端末の相性により、
表示されなくなってしまうのです。

これは、IIJmio格安SIM
に限ったことではなく、特定のスマホ端末と、
docomo系SIMとの相性によるところが大きいようです。
au系SImではあまりおきていないようです。

アンテナピクト表示問題を回避するためには、
★データ専用のSMSなし格安SIMを、SMSつきのものに変更する

★iPhone6/iPhone6PlusのiOS8.3以降でならVOLTE機能をONにする

★フィールドテストモードというアンテナピクトを、数値に変更する裏技を使う
電話画面を出して、【*3001#12345#*を】入力し、電話ボタンを
押すことにより、FieldTestという画面に入れますので、
その画面で、電源ボタンを長押しして、
電源を切るかどうかの画面になったら、ホームボタンを長押しすると、
アンテナピクト部分が、数値になります。

その数値ですが、-45~-72くらいまでが、強い電波で、
一番悪い圏外は、-110くらいが目安となります。

IIJmio格安SIMはiPhoneで使えるの?

では、本題の、IIJmio格安SIMはiPhoneで使えるの?
についてみていきましょう。

最近流行りの格安SIMですが、
最初はどこの会社を選んだら良いかよくわからずに、
ネット情報を検索しながら色々と調べることから始めました。

会社によって、使えるデータ通信の容量が違ったり、
値段が違ったり、繋がりやすさの違いなどもありました。

そしてその中から、一番信頼性の有りそうなIIJmioを選択してみました。

サイトには初期費用が3000円とありましたが、
安く格安SIMを購入したので600円代で済みました。

選択したプランは、ミニマムスタートプランの音声通話機能付き
なので月額1600円ととても安くて満足です。

今回の格安SIMを使うに当たって使用した機種はiPhoneなのですが、
アップルストアでSIMフリーのiPhone機種を購入しました。

最新ののiPhoneのSIMフリーの機種が通販で購入できるのは、
とても便利だと感じました。

私が選択したIIJmioのプランは音声通話機能付きだったので、
サービスの開始までの手続きが少し面倒でしたが、
値段の安さを考えると良かったと思います。

IIJmioのミニマムスタートプランは月3Gという制限がありますが、
メールや調べ物をちょこちょこする分には十分でした。

動画を沢山見たりすれば足りなくなるかもしれませんが、
外ではそのような使い方はしません。

iPhoneで通話する時の音声品質も充分なもので、
そんなに頻繁に通話をする訳ではない私にとっては
使いやすいとかんじました。

従来のような高い料金を払わずに、
iPhoneを使用出来るのはとても便利です。

IIJmioの格安SIMについてのページはこちら
IIJmioの、SIM特集ページ
料金や、他社との違い、端末動作状況など、色々確認できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ