IIJmio音声通話プランSIMみおふぉんおうちでナンバーなし体験談

IIJmioの音声通話プランSIM「みおふぉん」おうちでナンバーポータビリティなし体験談

知り合いの方で、
IIJmio格安SIM音声通話プラン「みおふぉん」
乗り換えた方がいましたので、体験談をご紹介します。
おうちでナンバーポータビリティなしの頃の切替体験談です!

IIJmio(みおふぉん)

今からご紹介の格安SIM体験談は、おうちでナンバーポータビリティなしです

実は、今からご紹介する体験談は、おうちでナンバーポータビリティを利用していない
時のものとなります。ぜひ、参考にしてみてください。
数日の電話が使えない空白期間以外では、ほとんど同じ流れとなります。

2015年9月15日までは、実はこの方の体験談のように、音声通話プラン「みおふぉん」の
乗り換えの際には、手続きやSIMカードの発送などで
2日~数日の空白期間ができて、電話もメールも使えない状態ができていたのです。

この空白期間は、格安SIMに切り替えたい方の大きなデメリット
でありましたが、

2015年9月16日からは、ほぼこの空白期間がなくなりました!
おうちでナンバーポータビリティが開始されたのです。
届いてから、切替センターに電話して切り替えることが可能になったのです!
そのため、かなり格安SIMに切り替えやすくなりました。

ちょっと前までは大変だったんだなーという感じで見ていただければ幸いです。

みおふぉんのおうちでナンバーポータビリティサービス開始前の体験談です。

格安SIMはテレビや雑誌等で特集が組まれるほど、
注目されてはいますが、実際に私の周りで格安SIMを
使っている人はほとんどいません。

そのため、実際に使用するまで多くの不安もありました。

数ある格安SIMの中から私が選んだのは、IIJmioの「みおふぉん」でした。
IIJmioのみおふぉんの音声通話プランに乗り換えるためには、
まず、いま契約している携帯電話会社に転出の手続きをする必要があります。

その上でみおふぉんのSIMカードをスマホに入れ、手続きをする必要があります。
この手続を済ませるまで数日間は通話することが出来なくなります。

私の場合は、それほど電話をする回数が多くなかったことや
インターネットを利用することが出来る環境に居たことから
それほど大きな影響はありませんでした。

なお、みおふぉんに関する手続きは全てIIJmioホームページから行いました。

格安SIMでは、当たり前のことですが、
docomoやSoftBankなどのキャリアメールを使用することは出来ません
sukinaadoresu@docomo.ne.jpとか、sukinaadoresu@softbank.ne.jp
見たいな、携帯のEメールが使えなくなります。

あらかじめgmailや、icloudなどのフリーメールを取得し、
必要に応じて、会員サービスの切り替えなどをしておく必要があります。

なお、LINEを利用している場合には、年齢確認をすることが出来ませんので、
切り替える前に、事前に年齢確認を済ませておくと良いでしょう。

インターネットや通話を実際に使ってみた感想としては、
使う時間帯にもよりますが、思っていたよりも不便はありませんでした。

安定していて、3GBもあるので、結構快適に使えています。
通勤時間のネットサーフィンや、スマホゲーム、メールやLINEの
やり取りを十分してもまだ少し余りがある感じです。

私はまだ行ったことありませんが、3GBめ一杯使い切ると、
低速になるらしいですが、メールやLINE通話は問題なく
できるそうですよ。

おうちでナンバーポータビリティが開始された今、
大きなデメリットであった、2日~数日間電話やメールが使えなくなる
ことがなくなった今、

IIJmio音声通話プランSIM「みおふぉん」を検討されてみてはいかがでしょうか?

みおふぉんの解説、申し込みはこちらです。
https://www.iijmio.jp/hdd/miofone/homemnp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ